ちちんぷいぷい

人生をもっと美しく、ずっと自由にする魔法♪

【カンクン旅行記】ジンベイザメと泳ぐ!シュノーケルツアーを体験レポート♪

スポンサーリンク

夏限定!憧れのジンベエザメと泳げる神ツアーに参加してきた^^

f:id:chichi0603:20170810000544j:plain

 

メキシコのカンクンといえば、透明度の高い美しい海で有名!

綺麗な海でシュノーケリンやダイビングも楽しめますが、ここではなんと、

ジンベエザメと一緒に泳ぐという貴重すぎる体験ができるんです!!

 

ジンベエザメと言えば・・・

ウィキペディアによると、全ての魚類の中で最大のサイズを誇るサメとのこと。

ジンベエザメ - Wikipedia

 

日本でも、沖縄の美ら海水族館などで見ることが出来るのはよく知られてますよね。

水槽の中を悠然と泳ぐジンベエさんはとっても人気者のご様子^^

ですが、至近距離で見たり、一緒に泳いだりできる施設は日本にはまだありません!!

 

そんな日本で出来ない貴重な体験をしてきましたので、レポートします♪

 

ジンベエザメに会いに行こう

カンクンでジンベエザメに会えるのは、毎年6月~9月の夏限定。

彼らは年間を通して海を回遊しているらしいのですが、この時期になると餌を求めてカンクンの近くにやってきます。

ジンベエザメは餌を食べる午前中だけ水面に浮上してくるので、そこを狙い撃ちにして一緒に泳いじゃおうという寸法!

なので、ジンベエザメツアーは朝が早いものが多いです。ねむい笑

 

ジンベエザメツアーはいろいろな会社が運営していて選ぶのに迷っちゃいますが、今回は「アクアプリ」さんというお会社の日本語ツアー(180米ドル)に参加しました!

aquappli.com

 

もともとダイビング専門のツアー会社ということで、海に詳しそうと思ったのが選んだ理由です。

ジンベエザメは自然のものですので、海のカンのありそうな会社の方が遭遇率が上がるかも!と期待を込めて・・・笑

結果的に無事にジンベエザメに会えましたし、スタッフさんも面白くて良い方だったので、頼んで正解でした♪

 

6:30~7:30 港へ移動!

ホテルピックアップ→フェリー乗り場へ移動します。

ワゴン車で迎えに来てくれ、だいたい1時間くらいで港に到着!

 

港はこんな感じ。

f:id:chichi0603:20170810002221j:plain

すごい素朴笑

 

小屋も今にも崩れそうなワイルドな仕様で、非日常感が高まります!!

f:id:chichi0603:20170810002243j:plain

ここで船を待ちつつ、ウエットスーツに着替えます。

 

シュノーケリングに参加するにはライフジャケットかウエットスーツの装着が義務付けられていて、どちらを着るか選べます。

ライフジャケットはプカプカ浮いてしまってジンベエに近づきにくいかな?と思い、自由に動けるウエットスーツをレンタルしました。

レンタルの場合は15ドル追加でかかりますのでご注意!

 

ボートは10人乗り位の小型スピードボートで行きます。

f:id:chichi0603:20170810002226j:plain

乗り物酔いをしやすい人は、ボートに乗る前に酔い止め服用をおすすめします。

餌場までハイスピードで走っている時は割と平気なのですが、餌場について止まった途端に揺れが大きくなり、酔う人が続出することが多いそうです。

Chichiも乗り物酔いはしないタイプですが、薬を飲んでいたのにシュノーケリング直前で酔いそうになりました。

三半規管を気合で黙らせて乗り切れたのでよかったですが、酔いすぎてシュノーケルが出来ずに終わる方もいるらしいです・・・

2万円も払っておいて、それだけは避けたいですよね!

 

9:00-10:00 餌場へ移動!

着替えと軽い説明を受け、船の準備が出来たら、港からジンベエザメの餌場までスピードボートで移動です!

外洋なので波があり、船は結構上下に揺れます。

また、メキシコは日差しが強くて秒で日焼けをするので、焼きたくない人は最低限↓の写真くらいの装備は必要です。

f:id:chichi0603:20170810001451j:plain

不審者かな?

 

10:00-11:30 餌場到着&シュノーケル開始!!

1時間くらい船に揺られ、餌場に到着^^

すでにたくさんの船がいる中、ジンベエザメを発見して興奮がMAXに!!

見える範囲で10頭以上はいたかな?

f:id:chichi0603:20170810001440j:plain

f:id:chichi0603:20170810001422j:plain

水面近くでプランクトンやイワシのたまごを食べているんですって!

あんなにおっきいのに、そんなんでカロリー足りるのかしら。

 

ジンベエザメと泳ぐステップはこんな感じです。

 

⓵ジンベエザメの進行方向に船で回り込んで待ち伏せする

②2人1組になって船のフチに座り、エントリー待機

③ジンベエザメが近くまで来たら船長にGO!と合図されるので、すかさず海に飛び込む(一瞬でも躊躇してるとドヤされる笑)

④ジンベエザメとなるべく並走できるように、フィンを使って泳ぐ

 

ジンベエザメは思ったよりも回遊速度が速いため、全力で泳がないとあっという間に通り過ぎて行ってしまいます><

一緒に泳ぎながら観察するように心がけると、じっくり見ることが出来ますし、ジンベエザメと一緒にいい写真も撮れます。

2名の参加者に対してガイドさん1名がついてシュノーケリングをしますので、泳ぎが苦手な方でも安心して参加出来ますよ♪

 

シュノーケルとマスクを着け、いざエントリー!!

f:id:chichi0603:20170810001443j:plain

 

(≧∇≦)

いた!!

デカイ!!!笑

感動のご対面です。

f:id:chichi0603:20170810000640j:plain

うまい具合に並走出来るように、全力フィンキック!!

f:id:chichi0603:20170810000626j:plain

f:id:chichi0603:20170810000611j:plain

頑張って並走すると、並んで写真も撮れます。

ガイドー自分ージンベエ

↑というポジション取りが上手くいくと、ガイドさんが写真を撮ってくれて、後日送ってもらえます♪ 頑張ってフィンキックしましょう笑

f:id:chichi0603:20170810011329j:plain

ジンベエの顔ってまじまじ初めて見ましたが、めちゃかわいい!

つぶらなひとみです。

f:id:chichi0603:20170810000630j:plain

お食事~。

f:id:chichi0603:20170810000551j:plain

ジンベエさんたちは、人がいてもお構いなしにご飯を食べてます。

肉食ではないと分かっていても、何しろデカイので、口を開けてるところに前に回り込んでしまうと結構コワイです笑

f:id:chichi0603:20170810000605j:plain

食べられる―!

 

ジンベエザメは温厚なサメで、人に危害を加えることは無いそうです。

じゃないと、こんなツアーは実現出来ませんよね。

 

しかし、ジンベエさんは進行方向に人がいても自分から避けたりはせず、マイペースに突っ込んできます!

なのでこちらから避けてあげないとフツ―にぶつかります。

ジンベエザメに触るのは禁止されてるので、こちらの方でちゃんと避けましょう。

 

とはいえ、相手が大きいので避けるのも一苦労!!

触らないように気を付けながら方向転換するのも結構難しいんです。

 

↓これは近寄りすぎちゃって何とか離れようとしているところ。

f:id:chichi0603:20170810011335j:plain

このあとジンベエザメにヒレで殴られるという貴重な体験をしました笑

身体が大きいだけあって、かなり力強かった・・・(///ω///)

ちなみに攻撃された訳ではなく、Chichiのポジション取りがまずかっただけです。

 

ジンベエと泳いだら、船から離れすぎないあたりでSTOPし、船に戻ります。

日によりますが、1人あたり2-3回はシュノーケルするチャンスがあるとのこと。

 

気になるジンベエザメとの遭遇率ですが、シーズン始めと終わりの6月初旬と9月末でなければ、ほぼ100%会えているみたいです!

Chichiが参加したのは7月のはじめですが、8月にかけてジンベエザメの数は増えるらしいので、より確実に会いたいのであれば8月がいいかも。

日本のお盆休みと被ってて、ちょうど良い感じですね♪

 

11:30-13:00 イスラ・ムヘーレス島へ移動&お昼ご飯!

ジンベエザメがお食事を終えて海面からいなくなってきたら、こちらも帰途に。

カンクンまでの間にある、イスラ・ムヘーレス島に寄ってお昼を食べます!

 

船のスタッフが手作りのランチを作ってくれている間に、適当に浜で遊んでてOKとのこと。

なにやら作ってくれます↓ 料理男子すてき!

f:id:chichi0603:20170810001429j:plain

イスラ・ムヘーレスの浜の海は、ミルキーブルーで透明度が抜群なんです!

また、カンクンの海は塩分濃度が高いので、ずっとぷかぷか浮いていられます。

楽しいけど、まぶしい・・・

f:id:chichi0603:20170810001410j:plain

海がキレイすぎるよう。

f:id:chichi0603:20170810001417j:plain

 

スタッフさんが作ってくれたのは、エビのセビーチェ!

セビーチェとは、なんか魚介に香草とライムとかで味付けたものらしい。

シンプルなのにおいしい!

全力で泳いだ後の身体に塩分が染み渡りますね。

f:id:chichi0603:20170810001457j:plain

 

ご飯を食べたら、カンクンの港へ。

大体15:30あたりにはホテルに着きました。

 

ジンベエザメツアーは、日本では出来ない体験で大満足のツアーでした!

夏にカンクンに行った際にはぜひ挑戦してみてください♪