ちちんぷいぷい

人生をもっと美しく、ずっと自由にする魔法♪

【カンクン旅行記】コスメル島はダイバーの聖地!透明度抜群の海でダイビング体験♪

スポンサーリンク

コスメル島で体験ダイビングしてきたからブログレポート!

f:id:chichi0603:20170811173930j:plain

メキシコのリゾート地、カンクンと言えば青い海で有名!

ですが、カンクンから1時間程度のところに、更に透明度の高い海があるんです!

そんなダイバーが憧れる海・コスメル島で体験ダイブをしてきたのでレポートします♪

カンクンでのオプショナルツアーの参考にぜひ^^

コスメル島って?

コスメル島はカンクンの港からフェリーで1時間くらいのところにあります。

マヤ語でツバメの島を意味するらしいですが、別にツバメは見ませんでした笑

透明度が抜群の海が有名で、各種マリンスポーツを楽しむ観光客がたくさん来ます。

コスメル - Wikipedi

 

コスメル島へのツアーは多くの会社が運営しています。

今回はダイビングに強いと評判の「アクアプリ」というお会社の日本語ツアー(215米ドル)に参加しました!

aquappli.com

ホテルまでの往復送迎、往復フェリー代、タクシー代、ダイブ1本、ランチ代が含まれていて、+60米ドルでもうワンダイブ追加することもできます。

ボートにボンベを積んでいってくれるので、1本目を潜った後に物足りなければ、その場でワンダイブ追加可能^^

ジンベエザメシュノーケリングでもお世話になりましたが、今回もとても対応がよく満足できるツアー会社さんでした。

www.chi-chisuke.com

 

いざコスメル島へ!

ホテルにツアー会社がお迎えに来てくれます。

ワゴン車に乗り、「プラヤデルカルメン」というフェリー乗り場まで移動。

1時間程度で着きます。

 

そこからフェリーで更に1時間かけ、コスメル島に到着です!

6:30にホテルを出、待ち時間も含めてトータル3時間弱くらいで到着します。

f:id:chichi0603:20170811181039j:plain

世界最大級の豪華客船も寄港してました。

各地から観光客が来るようで、かなり活気がある雰囲気。

観光客は欧米系の方が多かったです。

いざダイビング!

コスメル島のフェリー乗り場から更にタクシーで15分行くと、ついにボート乗り場に到着!

最近出来たらしく素朴ですが、野外シャワー付きでお手洗いもそこそこキレイでした。

f:id:chichi0603:20170811183032j:plain

ここからボートで海に行きます。

今回は体験ダイビングなので、潜る前に耳抜きのやり方や水中でのハンドサインなどの講習が20分程度行いました。

練習場所の浅瀬でこの透明度!

ダイビングへの期待が高まります。

f:id:chichi0603:20170811183537j:plain

 

Chichiはダイビングが全くの初めてだったのですが、ガイドさんがちゃんと日本語で丁寧に教えてくれたので、基本的なことは大体把握出来ました!

 

講習が終わると、いよいよダイビングスポットへ。

ボートで、サンゴかあってお魚がたくさんいる

「お魚ヘブン(意訳)」という名前のダイビングスポットを目指します。

f:id:chichi0603:20170811173935j:plain

ボートで5分くらいで着きました。意外と近かったです。

 

この日は参加者4人と日本人ガイド1名、現地のガイド2名の体制でダイブ。

体験ダイビングなので、水深10メートルまで潜ります。

ゴボゴボ。

f:id:chichi0603:20170811184543j:plain

すごい透明度!

コスメルは基本30mの透明度があり、日によっては50mまであるとのこと。

他の人からはぐれる心配が無いくらいスッケスケです。

ダイビングで有名な沖縄の海の平均が25m、最低で15mということなので、沖縄の2倍はスッケスケということですね。

コスメル島スゲエ。

 

ちなみに写真で手を繋いでいる男性は彼氏ではなくガイドのメキシカンおじさんです。

Chichiが開始2分で過呼吸気味になり(ザコい)、ハンドサインをしたらすかさずやって来て、手を繋いでリードしてくれました。

手を繋がれてるだけで安心して落ち着くものですね〜。

あまりの安心感と頼もしさに、この名も知らぬオッサンにうっかり惚れそうになりました。吊り橋効果スゲエ。

このように、何かあってもサポートしてくれるので初心者でも安心ですよ!

 

このスポットでは、ドリフトダイブという流れに身を任せて海底を散策するダイビングなので、オッサンと一緒にゆらゆらしながらお魚を観察しました。

f:id:chichi0603:20170811173958j:plain

お魚の行列ー。

f:id:chichi0603:20170811174004j:plain

これはトード・フィッシュというカリブ海固有種で、いつも海底に這いつくばってるみたいです。

ナメた顔してて可愛いです。レアキャラなので見れたらラッキーらしい。 

f:id:chichi0603:20170811173947j:plain

マンタのちっちゃいのかと思ったら、マダラトビエイちゃんでした。

これもあんまり出てこないので、見れたらラッキーらしい。

f:id:chichi0603:20170811173952j:plain

全体的に、日本であまり見かけない魚が多かったです。やはりカリブ海ですね。

f:id:chichi0603:20170811174011j:plain

お魚の影がくっきりしてて、透明度の高さがよくわかる!

サンゴはそんなに多くなかったように思えましたが、カラフルな魚がたくさんいて楽しめます。

潜水時間は20分くらいでしょうか。

最後はセーフティブイをガイドが上げてくれるので、それに沿って浮上します!

 

あとはボートで岸に戻り、シャワーを浴びてお着替えです。

脱衣所は無いのでご注意を!

着替えやすい服を持って行った方が良さそうでした。

ダイビング以外のコスメルの魅力♪

ダイビングが終わると11時過ぎぐらいで、コスメルの繁華街に戻りお昼ご飯です。

f:id:chichi0603:20170811191811j:plain

メキシカンフードのカジュアルランチ♪

日本円で300円くらいだけど、とってもおいしい!

揚げた鶏とトルティーヤに、小豆のソースがついてました。小豆ってメキシコにあるんだ・・・

 

お昼を食べたら、帰りのフェリーの時間まで2時間くらいの自由時間がありました。

お土産屋さんやアートがたくさんある、楽しい街を散策できます。

f:id:chichi0603:20170811193355j:plain 

コスメルのオブジェ。

カンクンにもこういうオブジェがあって記念写真の人気スポットになっていますが、人だかりがすごいので、代わりにここで撮るのもいいかも?

f:id:chichi0603:20170811192215j:plain

歩いているとメキシカンアート?がそこらじゅうに。

独特の味があってカワイイです。

お土産に絵を買う人もおおいとか。

メキシコは独特の色彩感覚とデザインがあって、チープなお土産物でもセンスを感じさせるものが結構あります。

f:id:chichi0603:20170811192229j:plain

f:id:chichi0603:20170811192452j:plain

お土産やさんは高級ブランドから地元のプチプライス土産もあって見てるだけで楽しいです!

客引きもそこまでしつこくありません。

2時間はあっという間でした。

 

ここから14時のフェリーでカンクンに帰り、ホテルについたのは17時前後でした。

コスメルはダイビングはもちろん、街歩きも楽しめるので、1日かかるツアーですが、時間を費やす価値があると思いました。

海が好きな人にはお勧めできるオプショナルツアーですので、カンクンに行った時にはぜひご検討してみてください♪