ちちんぷいぷい

人生をもっと美しく、ずっと自由にする魔法♪

洗脳注意!!モラハラ男に引っかかった体験談と予防法について③完結編

スポンサーリンク

こちらの続きです(*´꒳`*) 

www.chi-chisuke.com

www.chi-chisuke.com

 

 

モラハラから逃げられない心理

パートナーから「バカ」とか「ブサイク」と執拗に罵倒されたら、あなたはどうしますか?

きっと「なんでそんなこと言うんだ!」と反論したり、「そんなヒドいことを言える人とはやってけまへんわ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎」と、相手を突き放す選択もできますよね。

それが「正常な」反応だと思います。

しかし、モラハラ被害者は完全に洗脳されてしまっているため、そうした正常な反応をすることが出来ません。

この「洗脳されて抵抗できなくなる」ところがモラハラの怖さなんです。

今日は、モラハラ被害者の心理状態を個人的経験に基づいて解説します!!

なぜモラハラをされ続けてしまうのか?

①「最初は優しかった」から

モラ男は付き合ってからの最初の3ヶ月程度は、モラハラの片鱗も見せない完璧な彼氏でした。

優しくて、情熱的にスキスキ言ってくれて、一緒にいると楽しませてくれる・・・みたいな。

しかし、この期間は言わば「撒き餌の期間」なのです。

f:id:chichi0603:20170924120953j:plain

あまり知られてないことですが、モラハラは段階的に進行していきます。

モラ男は、最初からモラハラ加害者の顔をして近づいてきません。いい人・いいパートナーに擬態してこちらを惹きつけます。

そして、被害者の心をガッチリ掴んでから、徐々にモラハラを発動するのです。

モラ男も例外ではなく段々と攻撃的になっていきました。

しかし私は最初の「撒き餌期間」によって夢の様な楽しい時間を味わっているので、

「あんなに素敵だった人が、こんな暴言を吐く訳ない・・・」

「ひどいことを言うのは、私が間違っているからだ・・・」

「私がちゃんとすれば、また優しいモラ男に戻るはず!」

と、「彼をこうさせてしまったのは私のせい」「悪いのは全て私」と言う自己否定モードに入ってしまっていました。

こうなるとモラ男の思うツボです。

モラ男の異常さに違和感を覚えることなく、被害者は「自分さえ変われれば」という思考回路になり、理不尽なモラハラにも耐えてしまう様になるのです。

 

②自分に自信が持てなくなるから

みなさんは、自分に自信がありますか?

私は割と自信過剰な方です(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎イエエエエエイ

見た目もキレイにしてるし(デブだけど)、仕事も出来るし私って優秀っ!!!と思ってます(オイ)。

こういう自信も自尊心もたっぷりあるタイプは、通常であれば盲目的に人の思い通りにはなったり、支配されたりすることはほとんどありません。

 

しかしモラ男は相手を徹底的に否定することで、自信と自尊心を根こそぎ奪っていきます。

容姿・性格・仕事・友人関係etc・・・

私の場合も、自分を形作るあらゆるものが、全て無価値でくだらないもののように貶められました。

 

そうすると、人の自信なんて儚いもので「自分はやっぱりダメな人間なんじゃないか・・・?」と言う不安が頭をもたげてくるのですね。

ほら、面と向かって褒めてくれる人はいても、欠点を指摘してくれる人はあまりいないじゃないですか。

そのため耳が痛いことを言ってくれる人の方が、自分のことを思って真実を言ってくれてる気がして、信用したくなることってありませんか?f:id:chichi0603:20170924131842j:plain

モラ男の場合はただイチャモンをつけてるだけなのですが、この心理により

否定してくれる

私のことを思ってくれてるからこそ、他の人が言えない本当のことを指摘してくれる

本当は自分はダメな人間であり、非難されて当然の存在である

という風に・・・

「私はダメな存在だけど、モラ男はそんな私を更生させようとして色々言ってくれてるんだ!!」という謎の好意的解釈によってモラ男に洗脳されてしまいます。

 

その結果、自尊心を持ってモラハラに対抗するどころか、モラ男を「ダメな私を導いてくれるありがたい人」と思うようになり、モラハラすらも「ありがたいご指導」として受け入れるようになってしまうのです。 

 

③(被害者が)真面目で素直ないい子だから

モラ男は高すぎる水準の要求を押し付けてきます。

いつでも崩れ知らずの完璧な化粧、ムダ毛ひとつないツルツルの肌、おっぱいもあるけど細くてしなやかなカラダ・・・

これらを常に維持するのは、カラダが資本の芸能人でもない限りムリですよね笑

こうした異次元のハードルの要求すら、真面目な良い子タイプにとっては「乗り越えなければいけないタスク」のように感じてしまうのも、モラハラから逃げられない理由の一つです。

なぜかと言うと、これらの要求は被害者を「向上させる」ものだからです。

ムダ毛ボーボーからツルツル肌になるのは多くの場合「改善」と見なされますよね?

真面目な優等生タイプにとって、自分をよりよくさせる(と思われる)課題はこなして当然のもので、課題の放棄は「逃げ」と同義です。

今までの人生でやるべきことをキチンとこなしてきた人こそ、課題から「逃げる」選択をすることが出来ず・・・

モラ男の出す理不尽な要求にもキッチリ応えようと、泥沼にはまってしまうのです。

 

しかし、モラ男が非現実的な要求をするのは、絶対にクリアできない課題を与えて相手を貶めたいと言うのが本質です。

優等生タイプがやっとの思いで課題をクリアしたとしても、モラ男が満足して褒めてくれることなどありません。

モラ男はさらに高い課題を出して、水準に届いていない被害者を貶しめる→被害者は新たな課題に向けて必死に頑張ると言う恐怖のループが繰り返されるだけ・・・

こうして被害者はモラハラからの逃げ場を失ってしまうのです。

 

モラハラの被害を予防する方法とは?

モラハラやろーに近づかないこと・・・

が一番なのですが、モラハラ加害者は外面だけはいいパターンが多いので、私のようにうっかり引っかかってしまうこともありますよね。それはもう仕方がありません。

そこでモラハラ加害者に関わってしまった場合に、洗脳をされない予防策を考えてみました!

Chichiを反面教師にして、心を強く自分を持って戦っていきましょう笑

なお、モラハラ男は「こいつは支配できない」と思うと去っていくかもしれませんが、付き合っててもロクなことがないので笑顔で見送りましょう(*'∀'*)ゞサイナラ

 

①自分の軸をブレさせない

モラハラ男は、こちらを支配するために「自分の思い通りになれ!!」とあらゆる要求をしてきます。

ここで理不尽な要求に応えようとする姿勢を見せると、「こいつは言う通りになるな」と思われて要求がエスカレートします。

なので、「自分は自分。納得が出来ないことは絶対にしない」と言うスタイルを貫き通すことが大事です。

【❤️ケーススタディ❤️】

モラ男「体重50㎏以上とかデブすぎ!!48㎏になってよ」

悪い例「そこまで痩せたくないけど・・・でもデブって言われちゃうし・・・痩せたら可愛くなるかもしれないし・・・それで褒めてくれるなら・・・頑張ろ・・・」

良い例「んー、でも私は今の体型に満足してるんだよね。それに身長170㎝近くあるから48キロだとフツーに細すぎじゃない?BMIも18切ると生理とか止まるって不健康だし。細い子が好きなら、始めからそういう子と付き合った方が早いと思うよ( ´∀`)」

 

②冷静に反論する

モラハラ男は普通の人が到底言わないような攻撃的な言葉を使って、こちらを非難してきます。

そんな低レベルな攻撃に、いちいち傷ついてはいけません。

傷ついたら負けだ!と心を強くして、冷静に対処することで己のアホさに気づかせてあげましょう。

【❤️ケーススタディ❤️】

モラ男「本当にブスだねーなんでそんなにブスなの?恥ずかしくないの?」

悪い例「・・・(私・・・ブスなのかなあ)(/ _ ; )」  

良い例「人にブスとか言うのってどうなのかな?人を傷つけることは言っちゃいけないって幼稚園児でも知ってると思うよ♪いい大人がそんなこと言うのってそれこそ恥ずかしいから気をつけた方がいいんじゃないかな( ´▽`)」

 

③ちゃんと怒りを表明する

モラハラ男は、相手の優しさに甘えています。

自分がどれだけ酷いことをしても、相手は怒らないし、決定的な別れには繋がらないだろう!となぜか思っているのです。

なので、その安心感を与えないことが大事です。

モラハラをされた時には、一切の優しさや思いやりを捨てて対応してください。

「言っとくけど、モラハラとかするやつとは付き合う気ないから」という態度を常に滲み出していることが大事です。

【❤️ケーススタディ❤️】

モラ男「ご飯まだできないの!?遅すぎ!何グズグズしてんだよ本当に何もできないよね役立たず」

悪い例「モタモタしちゃってごめんね!あと20分だけ待ってて!本当ごめんね!」

良い例「うーん・・・作ってもらってるのにそんな言い方って酷くないかな?なんだか作る気無くしちゃった♪そんなこと言われて気分悪いし帰るね( ´▽`)

 

④モラハラ加害者に依存する状況を作らない

モラハラは、「こいつは何をしても自分から逃げない」と判断するとどんどん遠慮が無くなります。

(そのため、結婚・出産などのタイミングでモラハラ発動するケースも多いとか)

また被害者の心理としても、「モラハラはされるけど、この人がいないと生きていけない」と言う気持ちがあると、辛い状況に耐えるしか道がないと思い込んでしまい逃げられなくなってしまいます。

よって、「モラハラ加害者に依存しなければいけない部分をなるべく少なくする」ことが大事です。

結婚しても仕事を続けて経済力を維持する、実家や友達などの助けてくれる人を確保するなど、「いざとなったら自分で何とかすることができる」と言う状況を作り、加害者への依存を最小限にすることで、モラハラ加害者の思い通りになることを防ぐことが出来ます。

 

モラハラを予防するには・・・

・自分を持ってちゃんと自己主張すること

・不快なことを冷静に伝えること

・逆らったり別れたり出来ないだろうと舐められないこと

・モラハラ加害者に依存せず、いつでも逃げられる体制を維持すること

が大事です。

ですが、モラハラ男にターゲットとしてロックオン☆されがちなのは、優しくて内省的で、自分を責めてしまう人が多いそうです。

そういった人がモラハラ男と正面からガチンコで戦うことは難しいかもしれません。

ですが、「なんか変だな・・・」と違和感を感じたらそれを放置せず、自分の考えをその都度ちゃんと伝えることはとても大事です。

洗脳される前にこうした対処をすることで、モラハラの被害にずっぽりハマる前に逃げ出せる可能性が高まります。

 

モラハラチェックリスト!

Chichiの経験から導き出した、モラハラ加害者・被害者の特徴をまとめました!

個人の経験と見解に基づくものですが、参考までにご覧になってください♪

モラハラする人の特徴

・外面が良い 

 →自己愛が強いので、友達や職場からの評判は非常に良いことが多いです。

・最初は優しい

 →「こいつは支配できる」と確信するまでは、モラハラを仕掛けてきません。

・いつでも自分が正しいと思っている

 →間違いを指摘しても認めず、悪いことはすべて人のせいにします。

・自分大好き

 →自分はこんなにすごい、優れているとアピールし相手の上に立とうとします。

・常に否定的

 →相手の良いところよりも悪いところを指摘し、優位な立場に立とうとします。

・相手を罵倒する

 →普通の人がとても言えないような、直接的な言葉を使って相手を攻撃します。(バカ・ブス・デブ・役立たず・ウザいなど)

・パートナー(モラハラ被害者)を褒めない

 →相手を支配するために、貶すことはあっても褒めることは滅多にありません。

(犬の躾のような感じで、自分の思い通りになった場合にご褒美的に褒めることはあります)

・自分ルールを貫く

 →マイルールがあり、相手を従わせようとします。

(エアコンは絶対に22度設定で、相手が寒いと言っても温度を上げてくれないなど)

・暴力は振るわない

 →モラハラは口は出すけど手は出しません。

モラハラを受けやすい人の特徴

・素直

 →相手の言うことを素直に受け取るので、言うことを聞いてしまったり、必要以上に傷ついたりしてしまいます。

・思いやりがある

 →「こんなことを言ったら相手の気持ちを害するのでは?」と相手のことを思いやってしまい、モラハラ加害者に反抗出来なくなってしまいます。

・我慢強い

 →自分さえ我慢すれば何とかなると思い、理不尽な状況にも耐えてしまいます。

・真面目

 →物事に一生懸命取組むため、モラハラ加害者の無茶な要求にも真摯に応えようとしてしまいます。

・サービス精神が旺盛

 →相手が喜ぶことをしたいと言う気持ちがあるため、モラハラを受けても、相手が喜ぶような反応や行動を取ってしまうため状況が改善しません。

・自分に自信がない

 →嫌われることを恐れる余り、正当な主張すら出来なくなって加害者を調子に乗らせてしまいます。

・共感性が高い

 →「あの人の言うことも一理ある」など、理不尽な主張に対しても何とか理解をしようとしてしまうため、モラハラ加害者の思い通りになってしまいます。

・性格がいい

 →いい子なので、自分が嫌なことを言われていても相手が傷つくようなことはとても言えず、加害者に反撃することが難しくなります。

 

少しでも、「これってモラハラ?」と感じたら、相手の特徴をこのチェックリストに当てはめてみてください♪ 少しは判断材料になるかもしれません。

同時に、ご自分の特徴も照らし合わせて、ターゲットになっていないか振り返ってみてくださいね_φ(・_・

 

Chichiはいかにしてモラ男から逃げ出したのか?

モラ男にうっかり支配されて約1年・・・

モラ男と一緒に訪れた海外リゾートのビーチにて、転機は唐突に訪れました。

f:id:chichi0603:20170924025742p:plain

f:id:chichi0603:20170924025802p:plain

f:id:chichi0603:20170924030459p:plain

f:id:chichi0603:20170924025826p:plain

うん。

こんな感じで、一気に目が覚めたんですよね笑

おそらく常に感じていたけど惚れた弱みで目をつぶっていた違和感が、夏の太陽に照らされて明らかになってしまったと・・・

太陽ってスゲエ。

 

その時点で別れを決めた私は、今までのささやかな仕返しとして、会計は部屋付(支払いはモラ男)で高級リゾート内のスパや買い物をしまくり・・・

帰国後、速攻メールで別れを告げました╰(*´︶`*)╯ 

モラ男はプライドが高いので、「私はモラ男くんの理想の女には・・・なれないから・・・っ」としおらしく別れを告げると、あっさりと解放してくれました♪

まあ、その後しばらく、モラ男の自撮り写真が延々と送られてくると言う地獄のような謎行動に悩まされましたが・・・

f:id:chichi0603:20170924141943j:plain

(「オレはオマエがいなくてもこんなに楽しく過ごしてるぜ!」と言うアピール??

それも「もう別れたんだし、写真とか送られても困るしいらないよ❤︎」と返信することでおさまりましたので良しとしましょう♪( ´▽`)

 

こうして、私のモラ男体験は幕を閉じたのでした。

 

モラハラまとめ!

モラハラ加害者と付き合って実感したことは・・・

彼(彼女)たちの行動は、モラハラ傾向の無い(いわゆる普通の)人たちの常識では理解が難しいということです。

フツーの人がまずやらないこと(暴言などの他者への攻撃)を平気でしてくるので、こちらとしては行動原理や思考が理解出来ず混乱してしまいますが・・・

そこで頑張って理解しようとしたり、相手に合わせようと努力をしてしまうと、モラハラの泥沼にハマってしまうような気がします。

答えは彼らの中にしか無いですし、相手はこちらを貶めるために、その答えをコロコロ変えてしまいますからね。合わせてしまうとこちらが圧倒的に不利なのです。

 

なんでも「モラハラ!」と言うのはよくありませんが、パートナーの自分への対応に違和感を感じたら、ぜひ一度立ち止まって考えてみてください。

「そーいう風に言われるのヤダ」「それは出来ない」など、自分の意見を持って話合ってみてください。

パートナーとの関係において、どちらかが一方的に我慢を強いられるのは不自然ではないですか?変に我慢すると私のように、モラハラ加害者に支配される鬱々とした日々を送ることになるかもしれませんよ笑

 

ちなみに完全に個人の感想ですが、モラハラを治すのはかなり難しいと感じました。

モラハラ加害者は自己正当化の傾向が強いので、指摘しても耳を貸しませんし、なんというかこう・・・もう性根に染み付いちゃってるというか。

なので、あーこの人モラハラだなーと確信したら、「私の愛の力で相手を治してみせる❤」と頑張るよりも、サクッとおさらばした方がダメージが少ないかと思います。

そこでしがみつかなくても、モラハラしない優しい良い人はいくらでもいますからね!

 

モラハラの被害者が一人でも減りますよ―にっ!

また自分がうっかりモラハラをしませんよーに、自戒も込めて❤

ハッピーラブライフを送りましょう\\\\٩( 'ω' )و ////